観光情報ニュースEVENT NEWS

2020.12.24

片鉄ロマン街道(サイクリングロード)
KATATETSU ROMAN CYCLINGROAD
片鐵浪漫街道(自行車道)

自然を感じるサイクリングロードで心も身体もリフレッシュ


他言語版は下記よりご覧ください。

English
繁体中文

片鉄ロマン街道とは

廃線となった鉱山鉄道「片上鉄道」の線路跡を再利用した、片道約34.2kmの自転車・歩行者専用道路です。

片上鉄道は岡山県の柵原(やなはら)町から同県備前市までを南北に結んでおり、60年以上にわたって硫化鉄鉱や人々を運び続けてきました。

1991年に廃線となった後、2003年に歩行者・自転車専用として開通させ、現在は「片鉄ロマン街道」として当時の面影と自然を間近に感じながらサイクリング、ウォーキングを楽しむ事ができます。

美しい吉井川の景観と合わせ、沿道には駅舎、プラットフォーム、信号機など往時の面影が残っています。

自転車歩行者専用、かつアップダウンの少ないサイクリングロードのため、初心者でも安心です。

また、周囲にはコンビニや自販機、お手洗い、休憩場所もあります。

終点の吉ヶ原駅では駅舎と車両が昔のまま保存されており、レトロで懐かしい雰囲気を味わうことができます。

今回この片道ロマン街道を紹介するため、実際に自転車で走ってみました。

時間の都合で和気駅~柵原駅(片道25km程度)となりましたが、休憩と撮影を挟みながらゆっくり走ると、片道2時間強ほど。

スタートはJR和気駅。

駅前にある和気町観光協会では、9:30より自転車の貸し出しを行っています。
取材スタッフ(30代女性)は普段スポーツをせず体力に自信がないので電動自転車を選択。

久しぶりのスポーツ、そして初めての電動アシスト付自転車に少し緊張・・・。
カメラとお弁当を持って、ワクワクのスタートです。

柵原方面へ向かいます。

和気駅前に大きな看板。

天気にも恵まれ絶好のサイクリング日和です。

ロードマップは随所に設置されている他、観光協会などでも配布されています。

途中信号を渡る箇所もありますが、ポールが設置され、車が入ってこられないようになっています。

走行ルートには自転車のマーク、ラインがあり迷うこともありません。

この先もこのように専用コースを進む事になります。

和気駅をスタートしてしばらくすると左手に見えるのが新田原井堰(しんたわらいせき)。
近くで見ると迫力があります。

有効貯水量は200万トンで、井堰としては全国一の貯水能力。

その貯水量の多さから、
「吉井川流域の心臓」とも呼ばれています。

スタートから30分ほどで「天瀬駅」に到着。
大きな桜の木と駅舎が美しく、足を止めるサイクリストも多いです。

天瀬駅を出ると、天神山トンネルという小さなトンネルが2つあります。

トンネル内はひんやりとしており、車に乗っていたら味わうことができない空気感を肌で感じる事ができます。

かつては実際に電車がここを通過していました。

電車になった気分で通り抜けます。

天神山トンネルを出ると視界が開けて、壮大な景色が現れます。

観光マップなどではあまり紹介されていませんが大変に美しい光景で、観光協会の方もイチオシとの事。

雄大な流れの吉井川に秋晴れの空、普段の疲れも消し飛ぶようです。

写真におさめる事はできませんでしたが、頭上に鳶が飛んでいました。

都会出身の私にはこういった出会いもまた特別。

途中何度か国道374線を横断。必ず案内表板が設置されています。

案内に従って進めば地図が無くても迷う事はありません。

こういった細かな案内も嬉しいポイントです。

スタートしてから1時間強で「苦木駅」に到着。

この苦木駅を通過した直後には桜並木があり、春には天瀬駅同様に美しい桜が咲き誇ります。

木漏れ日の美しさが際立ちます。
桜の時期に是非また訪れたい。

車が来ないだけで安心して景色を楽しむ事ができます。

SNS映え間違いなしです。

苦木駅を出て5kmほどで、堤防沿いに咲くコスモスが出迎えてくれました。

コスモス街道と呼ばれ、山と川と空そしてコスモスの色合いが大変美しいスポットです。

ちょうど咲き頃だったため、いわゆる「カメラ女子」の姿も。

取材スタッフもカメラ女子のため、つい長居をしてしまいました。

色とりどりのコスモスと山の対比が美しく、風も気持ちが良いです。
豊かな吉井川の流れに、穏やかな気持ちになれました。

スタートより2時間強、吉ヶ原駅に到着。

駅や車両は廃止当時の姿が残されたノスタルジックな雰囲気。

毎月1週目の日曜日には、動態保存車両をすぐ隣の柳原駅まで約400mの運転を行っており、300円の切符を購入すれば実際に乗車することが可能です。

※現在はコロナウイルスの影響により運休中

レトロな駅舎に当時の車両が趣深いです。

またこの吉ヶ原駅は「駅長猫発祥の駅」として、猫好きの人たちの間では聖地として有名だそう。

駅隣に駐車スペースもあるため、サイクリスト以外にも観光客が訪れやすいようになっています。

吉ヶ原駅からすぐ、400mほど隣にある柵原駅が終点。

2014年に旧柵原駅から場所を変えて新しく作られた駅舎です。

実際に線路の端を見ると満足感が込み上げて来ます。

ここで休憩をとり、折り返して和気方面へ戻ります。

休憩、撮影含めて往復で5時間ほどのサイクリングでした。

サイクリングロード周辺には飲食店も多くあるので、グルメを楽しみのひとつにもできます。コンビニも多いので困ることはありません。

実際に自転車で走ってみて

  • 気軽に楽しむ事ができるので、普段仕事や家事や育児に忙しい方にぜひ「リフレッシュ」という気分で走ってもらいたくなりました。
  • コロナの自粛モードが続いていますが、今後はウィズコロナの時代として、このサイクリングロードを、密を避けて楽しむ事ができるレジャーの1つとしておすすめしたいです。
    参照: 新型コロナウイルス感染対策における日本サイクルスポーツ振興会からの提言
  • 季節ごとに咲く四季折々の花や風情溢れる駅舎はSNS映えも間違いなく、一度来たら次は季節を変えてまた来たくなるような、そんなサイクリングロードでした。
  • 体力に自信の無い方でも走れます!
    電動アシスト付自転車を使えば登り坂でも足どり軽く「楽しい」と感じるほど。
  • お財布にも優しく、家族でお出かけできるのが嬉しい!
    レンタサイクル代は300円/1日(電動アシスト付自転車は500円/1日)
    このお値段で1日遊べるのはありがたいと感じました。

レンタサイクル案内

■和気観光協会 0869-92-4678
300円/1日: 大人15台、小人3台、マウンテンバイク2台
500円/1日: 電動アシスト付自転車
休日: 火、年末年始
利用時間: 9:30-15:30


< BACK