吉井川流域の未来と地域を創造する
プロジェクト

瀬戸内市、赤磐市、和気町は、温暖で自然環境に恵まれており古くから吉井川に沿って歴史・文化・経済が発展した地域です。
反面、国内外に向けて大きな集客を呼び込むだけの強力な観光資源は、決して潤沢とは言えません。
このような本地域の特徴を踏まえ、個々の市町の従来型の観光施策だけでは対応が難しい「インバウンド向けの観光PR」、「広域連携事業」を担うことを目的に発足しました。

プロジェクトを支える
一般社団法人
吉井川流域DMO

プロジェクトを運営するのは、瀬戸内市、赤磐市、和気町の協力により発足した吉井川流域DMO。地域の魅力を効果的に発信するための取り組みを支える組織です。

プロジェクト

吉井川流域の未来と地域を創造するプロジェクト

瀬戸内市、赤磐市、和気町は、温暖で豊かな自然環境に恵まれており、古くから吉井川に沿って歴史・文化・経済が発展した地域です。反面、国内外に向けて大きな集客を呼び込むだけの強力な観光資源は、決して潤沢とは言えません。
このような本地域の特徴を踏まえ、個々の市町の従来型の観光施策だけでは対応が難しい「インバウンド向けの観光PR」、「広域連携事業」を担うことを目的に、このプロジェクトが誕生しました。
3市町が連携し、市町毎の観光資源を強化し、相互に補完し合うことで、「観光」をキーワードとした、地域内の交流人口、滞在時間を延ばすことなどにより、本エリアのファンを増やし、観光を基軸に地域を活性化させることを目指します。
また、その目的に向かって、本地域内での新規事業の創業や既存事業の継業を応援し、地域内の雇用と居住人口の増加を図り、将来的に吉井川流域を、どこよりもイキイキとした魅力ある地域に育てていきたいと考えています。

吉井川流域の各種地域資源

歴史・文化/食/自然/人材/等

吉井川流域おこしグループ

  • 地域おこし協力隊
  • 地域事業者、地域住民、地域NPOなど

体験メニューの開発

エリアの観光施設、伝統文化、農村や漁村の暮らしの体験など体験メニューの開発・企画

特産品の開発

エリアで活躍する生産者の産品や製造業者のノウハウを結びつけた特産品の開発

地域活性化

地域の皆さんが主役です。

プロジェクトの主役は「地域」です。
地域の住民、事業者、団体、NPOのみならず、地域おこし協力隊など地域を活性化させようとする方々が主役です。
地域の観光資源を発掘し、磨きあげることにより、「人と人」「ものともの」そして「人ともの」がつながり、新たな価値を生みだし、本地域を活性化させます。
3市町の垣根を越えて、ファンを増やすため、新たな取り組みにチャレンジします。

  • 観光まちづくりを推進することについて多様な関係者の合意形成を図る。
  • 各種データ等の継続的な収集・分析。
  • 明確なコンセプトに基づいた戦略策定。
  • KPIの設定、PDCAサイクルの確立。
  • 関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組みづくり。
  • プロモーション展開 など。
  • 観光まちづくりの中核を担う個別事業着地型旅行商品の造成・販売/
    観光サービスの提供。
  • 安定的な組織運営を図ることができる収益事業 など。

飲食業

  • 地域食材を活用した食のメニュー開発と提供。
  • メニューの多言語化、ムスリム対応。

交通事業者

  • 2次交通の確保。
  • 様々な交通事業者との連携による周遊型企画乗車券等の開発と提供。

地域住民

  • 観光まちづくりへの理解。
  • インタープリター(自然や歴史を旅行者に解説する人)への参画によるサービス提供の担い手。

宿泊施設

  • 個別施設の改善。
  • 民泊等様々な選択可能な宿泊環境の整備。
  • 質の高いおもてなしを提供する環境の整備。

商工業

  • ふるさと名物の開発と提供。
  • 産業観光への取り組みによるプログラム開発と受入。
  • 免税店許可取得店舗(商店街)の拡大。

農林漁業

  • 体験型プログラムの提供。
  • 6次産業化による域内消費の拡大に結び付く商品開発と販売。

行政組織

  • 観光振興(戦略)の策定。
  • プロモーション事業の展開。
  • インフラ整備
    (景観・道路・空港・港湾・サイン・案内板・ユニバーサル対応等)
  • 文化財保護・観光施設活用。
  • 観光教育(マネジメント、プロデューサー等の育成)
  • 交通改善(2次交通の充実)
  • 各種支援措置。

Wakegenicは、岡山県和気町(わけちょう)と、その真ん中を縦断する片鉄ロマン街道の情報を発信する、webマガジンサイトです。サイクリング、お散歩、ジョギング、ドライブのお供に、ぜひご活用ください。

詳細を見る
瀬戸内市
瀬戸内市観光協会 うしまどストーリー
赤磐市
胸キュン!あかいわ
和気町
Wakagenic

PHOTO GALLERY

写真募集

DMOとは

地域を再生し、活性化させるDMO、3つの施策。

DMOとは、Destination Marketing/Management Organizationの略称であり、
地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに、地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った
観光地域づくりの舵取り役となる組織です。DMOの役割は次の3つが挙げられます。

1
DMOを中心として観光地域づくりを行うことについての多様な関係者の合意形成
2
各種データ等の継続的な収集・分析、データによる明確なコンセプトに基づいた戦略(ブランディング)の策定、KPIの設定、PDCAサイクルの確立
3
関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組み作り、プロモーション
DMCとは…
DMCとは、Destination Marketing/Management Companyという言葉も同じ文脈で使われますが、DMCは、企業体と
して観光地経営を行う組織のことを表します。